ケンタロウのハンバーグ&カレー
'12年2月 大事故に遭ってしまったケンタロウさん。
回復してきている、という近況報道もありますが。。。
なんとか奇跡の復活を遂げてもらいたい、と願うばかりです!!
男子ごはんの本

「その4」…これがケンタロウさん最後の料理本になってしまうのかっ!?



Book

ケンタロウさんの料理道具に対する熱い思いがぁ。 同じものがほしくなること必至!



Category



New Entries



フライパン

ケンタロウさんが「男子ごはん」で使っているフライパン。私も26cmをゲット。なかなかよいです♪



サラダスピナー

イギリスの料理家ジェイミー・オリヴァーきっかけで、ケンタロウさんも使うようになったというサラダ・スピナー♪



カイ・ボイスン

デンマーク王室御用達ブランドの"カイ・ボイスン"、ケンタロウさんもご愛用のカトラリーです。 こちらは、テーブルスプーン&フォーク&ナイフの3本のお試し特価セット♪



Comment



Monthly Archiv



Link

このブログをリンクに追加する



RSSリンク



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#154『男子ごはん・ヒストリーSP』
◇テレビ東京・男子ごはん4月17日放送のレシピ

放送開始満3年を迎えた『男子ごはん』。
それを記念して、今週は"「男子ごはん」の歴史を振り返ってみようスペシャル"でした。

まぁ、いわゆる総集編ですねw
記事は「どうしようかなー?」と悩んだのですが、今週は省略でm(_ _)m



いよいよ20(水)に発売される「男子ごはんの本 その3」。
それを記念して、恒例の特別番組が放送されるようです。

●『男子ごはんの本 その3 パーフェクトガイド』
 4月30日(土)午後1:53~2:23
 (※一部地域を除く)
スポンサーサイト

テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

#85男子ごはん in 韓国~後編2
◇テレビ東京・男子ごはん12月6日放送

前回のつづきです。



日も暮れた明洞にやってきた太一くん&ケンタロウさん。
ジャンクな食文化を求めてに屋台街を練り歩きますw

すると、太一くんが「日本から流れてきた料理とかあるのかな?」と言い出し、日本起源の料理を探して移動。
やってきたのは、下町・孔徳洞(コンドクドン)の、地元の人が集まる屋台街。

歩いていると、目に留まったのは"天ぷら"。
尋ねてみると、ティギムと呼ばれ、日本の天ぷらを韓国流にアレンジした料理なんだとか。
もち米の海苔巻きや食パンなど変り種も多く、玉ねぎ・青唐辛子の入ったしょうゆベースのタレで食べるのが特徴。

さらに店の奥には、日本起源の料理がもうひとつ。
それは"オデン"。そう、呼び名のとおり日本のおでんが伝わり、韓国流にアレンジしたもの。
試食がしたい2人は、店「マポハルモ二ピンデトク」店内へ。(住所:ソウル市麻浦区孔徳洞256-30 孔徳市場内)

太一:じゃ、まず天ぷらから。(パクリ)
ケン:餃子なの?
太一:餃子です。うまい。なんかね、揚げ餃子かな。ソースもいい。
ケン:うまいですよね。
太一:天ぷらというか、ブリトーに近い感じ。
ケン:そうですね。でも、カラッとしてますよね。(別のをパクリ)
太一:それ、日本にはないな。。。
ケン:おお、寿司みたいな。外側にのり、玉子、米、ソーセージ。
太一:それだけでお腹いっぱいになるかんじですね。
ケン:けっこうジャンクでいいですよ。オデン、いっときます?
太一:オデン、なんで、俺ら選んでないのにこれ(串刺し?)しかいれてくれなかったというw
ケン:(刺してるの)串とかじゃない、菜ばしだからw
太一:(パクリ)うまい、これ、うまい。
ケン:ウン、うまい。すり身ですね。
太一:すり身。はんぺんとか、そういう味に似てますね。
ケン:うん。

→続きを読む♪

テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

#85男子ごはん in 韓国~後編1
◇テレビ東京・男子ごはん12月6日放送

前回に引きつづき、今回も韓国ロケ~。
当ブログも引き続きレビュー編です。



李舜臣将軍銅像前にいる太一くん、ケンタロウさん。
今週のテーマは"健康"とのこと。
そこで、伝統茶を楽しみたいと言うケンタロウさん。
太一くんは、食べたい料理がひとつあって(スタッフさんに)頼んであるとのこと。
そんなこんなで、韓国語の掛け声でスタート♪
『ナムジャエヨリ(男子ごはん)!』

やってきたのは、ソウル市の中心から離れた茶屋「壽硯山方(スヨンサンバン)」さん(住所:ソウル市城北区城北洞248)。
建物が文化財に指定されているという、昔ながらの雰囲気が味わえるお店。
ちなみに、伝統茶とは、果物・花・穀物などを煎じて作られ、昔から健康維持のために飲まれている飲み物とのこと。

さっそく2人はオーダーしようとメニューを見ますが、なにがなんだか全くわからず、全品ひと通り注文w
出てきたのは、伝統茶8品。

まずは、しょうがを煮詰め、蜂蜜で甘みをつけたセンガン茶から。



太一:おわー、これはしょうが、しょうがしてますよw ホント、温まる味。風邪ひいたときとか絶対いいと思います、これ。
ケン:あー、しょうが、しょうがしてるw これ美味しいね。

→続きを読む♪
#84男子ごはん in 韓国~前編2
◇テレビ東京・男子ごはん11月29日放送

前回レビューのつづきです。



住宅街にやってきた太一くんとケンタロウさん。
"家庭の味を教わりたい"というケンタロウさんの要望に応えて、教えてくれるご家庭を訪問します。

玄関に出迎えてくれたのは、イ・ピョンハ(66歳)さん。
さっそく台所に案内されると、そこには大きな冷蔵庫が3つw
この冷蔵庫たちが、娘家族も入れて、9人家族の食卓を支えているそう。
一番小さい冷蔵庫が、韓国のお約束、キムチ専用冷蔵庫。その大きさにビックリの2人w

そこで、さっそく一品目、韓国版おふくろの味の代表格・ジェユクポックム(豚肉と野菜の甘辛炒め)を教わることに。

1.玉ねぎを縦薄切りにする
2.にんじんを細切りにする
3.豚肉に切った野菜を加える
4.おろしにんにく・梅シロップ・粉唐辛子・塩、さらにコチュジャンを加える
5.具材と調味料を手で混ぜ合わせる
6.20~30分寝かせて、味を馴染ませる
7.馴染ませておいた具材を、油をひかず炒める
8.好みで刻んだ青唐辛子を加えて、完成

もう一品、こちらも大定番・チャプチェ(春雨と野菜を炒めた料理)を教わります。

1.しいたけ・にんじん・玉ねぎ・長ネギを切る
2.つづいて、牛肉を切る

【オモニ's Point】
牛肉は繊維が入っている方向と垂直に切ることで、肉が柔らかくなる

3.肉に塩・ごま・にんにくを加え、揉みこむ
4.味付けした肉を油をひかず炒める
5.肉によく火が通ったら、ボウルに取り出す
6.フライパンにサラダ油をひき、切ったしいたけ・玉ねぎ・にんじん・ネギを炒める
7.野菜に火が通ったら、肉が入ったボウルに入れる
8.茹で上がった春雨の水を切り、炒めた具材と混ぜ合わせる
9.しょうゆ・砂糖・すりおろしたにんにくを入れて混ぜる
10.さらに、茹でたほうれん草を加えて、混ぜ合わせる
11.ごま油を加え、色を見てしょうゆを加える
12.塩と砂糖で味をととのえ、完成

料理ができたところで、お相伴にあずかることに。

→続きを読む♪

テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

#84男子ごはん in 韓国~前編1
◇テレビ東京・男子ごはん11月29日放送

今回の男子ごはんは、秋の恒例となりつつある海外ロケ。
昨年は香港でしたが、今年は韓国へ~。
なので、当ブログも今回はカンタンなレビュー編をw



ソウル・清渓川広場にやってきた2人。
来年(2010年)はソウル市が定めた"訪韓の年"だそうで、それにちなんで「韓国の知られざる食文化を学び、紹介する」という今回のロケの主旨を説明する太一くん。

太一:(韓国は)肉のイメージが強いですけども、肉ばかり紹介してもしょうがないじゃないですか!?
ケン:あの、韓国は焼肉のイメージが強いじゃないですか、どうしても。けど、個人当たりの年間野菜消費量世界一位とかじゃないですかね。
太一:えっ、それは韓国ならではの野菜がいっぱいあるってことですか?
ケン:まず、日本よりも野菜の種類が圧倒的に多いですし、野菜料理もたくさんありますから。

ということで、今週のテーマはまず『野菜』。
そして、ケンタロウさんたっての希望で、韓国版"おふくろの味"を一般家庭で教えてもらうのだとか。

まずは、2人はソウル市・京東(キョンドン)市場へ。
散策する2人にまず目に付いたのは、たくさんの種類がある唐辛子屋さん。
そのほか、ヒメニラ・イヌヤフシソウ・トラジなど日本ではあまりなじみのない野菜がたくさん。。。

すると、香ばしい香りが。。。その匂いに誘われていくと、そこはその場でごま油を搾って売ってくれるという「油屋 光州油(クァンジュユ)」さん(住所:ソウル市東門大区祭基洞1036-77)。

店内に貼られた雑誌の切り抜きを太一くんが発見。

太一:あっ、(写真に)ケンタロウさんがいる!
ケン:ウン、(以前)来ましたよ。
太一:9年前!?(店のおかあさんに)これ、この人。
おかあさん:(写真を覗きこんで)おっ、ホントだw(←韓国語でわからなかったんですけど、そんなかんじ)

そして、搾りたてのごま油を購入♪
つづいて、2人は広蔵市場内にある、新鮮な野菜を盛り付け放題のビビンパ屋「ウォンジョ サルポリパ」さん(住所:ソウル市鐘路禮智洞6-1 広蔵市場内東部A-37号)へ。
16種類の生野菜やナムル、キムチを好きなだけ乗せて食べることができるとのことで、ケンタロウさんは全種類を乗せますw
そのボリュームにスープもついて、4000ウォン(約330円)という安さ♪
いま、円高でウォンが安いですからねー。

ケン:うまい! おいしい。
太一:めちゃめちゃおいしい。野菜にくせがないんで、韓国の野菜食べやすいですねー。体にもいいですよ。だって、お肉ゼロ? ヘルシー!

→続きを読む♪

テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。